藤本研修会 補綴・咬合コースpartII


本コースではPartIでの補綴治療の基礎としての咬合の安定・精度の維持・術前術後の管理の学習を踏まえたうえで、更に修復、補綴における重要なテーマについて学ぶ事とする。長期に亘る補綴治療の成功の為には正確な診断・治療計画の立案が不可欠である。又、最近の国際的補綴ジャーナルにおいてもインプラント治療が普及する一方で、局部床義歯に対する新たなる必要性の高まりが指摘されている。インプラントの咬合並びに上部構造についての学習と共にRPDについての学習、更には審美補綴、広範囲補綴治療をよぎなくされた症例の長期Follow up結果及び失敗症例についての考察等について学ぶ事により、更に補綴的守備範囲を広げたい。又、いかに治療者としての能力が高くとも、それを患者に伝えるためのコミュ二ケーション能力がなければ高いレベルの歯科治療を多くの人々に応用する事は不可能となる。主治医としてのカウンセリング能力が優れているか否かは、臨床家にとって重大な意味を持つことになる。以上のような配慮の下にできるだけ“実践的な内容”となるようプログラムを編成した。

講師 米国歯科補綴専門医 藤本順平

研修風景
TOP
推薦の言葉
研修会主旨
研修会主宰
アクセス

藤本歯科医院

補綴・咬合コースPart1補綴・咬合コースPart2ペリオインプラントコースLOT(部分矯正)コース歯内療法コース咬合コース


All rights resrved. copyright (c)Fujimoto Dental Clinic