藤本研修会 歯内療法コース


北米では1943年に米国歯内療法学会(American Association of Endodontists)が設立され、その20年後の1963年に、歯内療法が正式に歯科医療専門領域として米国歯科医師会(American Dental Association)により承認されました。また、大学教育においてはAAE設立の数十年も前から、近代歯内療法学の父といわれるDr. Louis I. Grossmanのもと、ペンシルバニア大学歯内療法学科が歯内療法学の発展に貢献し続け、歯内療法学の長い歴史を作ってきました。 私はこの歴史あるペンシルバニア大学の歯内療法学科にて、学問としての歯内療法学を学ぶだけでなく、臨床上の問題をいかに解決していくのか、その能力を鍛錬するトレーニングプログラム(大学院)を2006年に修了いたしました。プログラム修了後に私が感じたことを述べると、歯内療法における臨床的問題解決能力の日米間格差は、残念ながら小さくありません。私は歯内療法における臨床上の問題解決能力とは、以下の要素に支えられるものと考えます。

1.意志決定に必要な臨床診断力
2.基本コンセプトの厳守
3.根管系の3次元的封鎖度
4.外科的歯内療法の習得・習熟度
上から重要度・必要度の高い順に記しました。 多くの臨床医が最も力を入れている3番目の“根管系の3次元的封鎖度”も重要であることには違いはないのですが、診断が間違っている、基本コンセプトが守られていない(上記1.2.の要素が軽んじられている)状況下では根管充填がエックス線上でいかに美しく写っていたとしても、歯内療法の成功率は決して上がりません。私は現在、日本の歯科医が置かれている臨床環境の中で歯内療法の成功率を上げるために(日本国民の根尖病変有病率を下げるために)最も成されるべき事は、上に記した“意志決定に必要な臨床診断力”を向上させる事、“基本コンセプトを厳守”していただく事である、と確信しております。このような観点から、臨床医が限られた時間の中で、効率よく歯内療法の成功率を上げることが出来るように講義・演習・実習をバランス良く取り入れたプログラム内容にしたいと考えております。

米国歯内療法専門医 石井 宏

研修風景

講師紹介 石井 宏(藤本研修会第22期補綴咬合コースPartT受講)

講師 石井 宏
略歴
1993年 神奈川歯科大学卒業 都内歯科医院に勤務
1996年 石井宏歯科診療所開設
2004年 ペンシルバニア大学歯内療法学科大学院入学
2006年 同大学院修了 米国歯内療法専門医
2007年 東京港区新橋にて歯内療法専門医院開設
2009年 ペンシルバニア大学歯内療法学科 非常勤講師
[所属学会] 米国歯内療法学会 (American Association of Endodontists)
日本歯内療法学会
[主な論文] Gee, J., Ishii, H., Iqbal, M.: A Comparison Access Cavity Preparation With and Without the Use of Surgical Operating Microscope, Journal of Endodontics 32: 255, 2006, (presented at American Association of Endodontists Meetings, Hawaii, 2006)
Karabucak, B., Ishii, H., & Kratchman S. I.: Conventional and surgical endodontic retreatment of a maxillary lateral incisor with unusual anatomy. International Endodontic Journal 41: 524-531, 2008
TOP
推薦の言葉
研修会主旨
研修会主宰
アクセス

藤本歯科医院

補綴・咬合コースPart1補綴・咬合コースPart2ペリオインプラントコースLOT(部分矯正)コース歯内療法コース咬合コース


All rights resrved. copyright (c)Fujimoto Dental Clinic